「絆」循環プロジェクト

2014年9月29日 (月)

2014 酒米 さわのはなの稲刈り

P1060784_r


去る9月27日、さわやかな風が吹く秋の青空のもと、当農場の福幸ファームが酒米として栽培している「さわのはな」の稲刈りが行われました。

避難者支援の取り組みとして「絆循環プロジェト」の名の下に行われているこの酒米生産も今年で3年目となりました。

今年は、過去2年この米づくりの栽培•管理責任者であった理事のSさんが今年は家庭的な事情からこれまでのようにはこの事業に携わることができないということで、福島からの避難者で福幸ファームの中心として働くEさんとMさんがSさんの穴を埋める形で栽培を進めてきました。

しかしながら、水管理が難しい圃場のため水の温度を一定に保てず穂が出そろわなかったり、圃場管理の時間がとれず、雀のえさ場になってしまうなど、二人とも昨年、一昨年以上に米づくりの大変さを感じたようでした。

そんな悪戦苦闘の中でなんとかたどり着いた昨日の稲刈り。

中央地区の公民館事業で当農場が監修として毎年行っている「やんちゃたんぼ」の子供たちと避難者家族が一緒に一枚の田圃で作業を行い、私たちの栽培•管理に対する後悔を吹き飛ばしてくれました。

手鎌で稲を刈り、縄らや紐で6〜8株を一つにまとめて、杭に42束ずつ括り付けていくという作業ですが、一人でたくさんの穂束を運んで見せお母さんを喜ばせたり、束の数を大きな声で数え上げる子供の声が響いたりとにぎやかに作業を進めることができました。

140927_112900_3

P1060798_r_2

作業終了後は避難家族と農場ボランティアの皆さんとで、イモ煮を食べ、秋の青空を満喫することができました。

今年のお酒はどんな味になるでしょうか? 皆さん楽しみにお待ち下さい!


2014年6月 3日 (火)

怒濤の4月、5月終了!

          

雪解けとともに当農場でも土づくり(堆肥散布、酒粕投入!!)播種、潅水、耕耘、畝立て、マルチ張り、定植、田植え…などなど、あ〜もう書ききれない程大切な作業を連日積み重ねてなんとか6月にたどり着きました。

この間、報告しなければならない事や数多くの名場面?がありましたがこのブログでお伝えすることができませんでした。(管理人が作業従事者でもありまして作業終了後になかなかPCに向かうことができませんでした…。)

とはいえ今日からぼちぼちまた、日々の報告も含め、この4月、5月のことも折にふれ紹介していきたいと思います。

まずは、福幸ファーム田植え終了直後の映像から。


2014年3月11日 (火)

2014純米吟醸「甦る」発売

         

本日3月11日、純米吟醸「甦る」が遂に販売となりました。

それと関連いたしまして、3/9(日)にBS11で放映された「甦る〜避難先で復活した酒〜」の動画を紹介します。
(録画したものを編集してテレビ画面をiPhoneでさらに撮ってからのアップです。)

震災番組の中でこれだけポジティブなものは珍しいと多くの方々から声をいただきました。

この動画を見てから飲むと酒の味もまた一段と格別なものになるかと思います。

見逃した方も多少画像や音声に難がありますが是非ご覧下さい。

2014年3月 5日 (水)

「甦るふぇすた2014」のお知らせ

Photo_2


当農場「福幸ファーム」のMさん(福島県いわき市出身)が代表となり長井まちづくり基金助成事業として取り組まれてきた純米吟醸「甦る」の酒粕を使った商品開発「甦るプロジェクト」。先月の試飲会のときにも試食していただいた商品がいよいよ発売となりました。

その「甦るプロジェクト」からのお知らせです。

以下MさんのFBより抜粋
3.11に発売される純米吟醸「甦る」の酒粕を使った商品開発「甦るプロジェクト」
その販売会が3.8に長井市「卯の花温泉はぎの湯」さんで開催されます。事故後、僕達避難者に無料で温泉風呂を提供し続けてくれた「はぎの湯」さんでの開催。地元の「小桜朝市」さんにも花を添えていただき、昨年鎌倉で開かれたSummer Of Love2013 Esselunga+Beau Temps presentsに出演してくれた「ANIEKY A GOGO!」こと山浦智生さんも歌ってくれます。さらにはシンガーソングライターの山形あけみさんがなんとこの日の司会で、僕と鈴木大介さんのトークを盛り上げていただきます。
このプロジェクトの収益の一部は福島の子供達の週末保養に取り組む「葉っぱ塾」さんに寄付されます。
美味しいものを飲んで食べて、お風呂に入って復興の力になれるプログラムです。みなさん是非お越し下さい!!


2014年2月 6日 (木)

甦る試飲会と収穫感謝の会終了!

1610027_1471797586293958_730907605_

Mさんのブログより転載

東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故直後、私たち家族はいわきの友人家族と共に兄が経営する宴会場の2階で避難生活をおくりました。
そのような生活の中であるとき、いわきにいる兄弟と携帯電話で連絡を取り合っていた友人から次のように伝えられました。
「栃木県に避難した知り合いの○○さんが、ガソリンスタンドで給油を拒否されたらしい。」

1891021_1471797492960634_461766232_

受け入れ側の放射能を拒否する思いがそのような形で表れたとのことでしたが、その話しを聞いたとき、憤りと共にとても悲しい気持ちになったことを今でも覚えています。(放射能を日本中に拡散させないように極力放射性物質を外に出さない、移動させないというのは正しいとは思いますが。)

TVで暴動も略奪も起こさない被災地の東北人が世界から賞賛されている陰で、福島が災害、放射能と並んで「偏見」とも向き合わなければならないことを悟った瞬間でした。そしてすぐさま長井で過ごすこれからの生活に不安を覚えずにはいられませんでした。

一昨年からNPO法人レインボープラン市民農場の農地の一部を「福幸ファーム」とし、福島から長井に避難してきた方々と共に福島へ送る生鮮野菜と純米吟醸「甦る」(鈴木酒造店長井蔵)の酒米生産を行って参りました。そしてその過程で大変多くの方々からの支援を受け、先日2月1日(土)にはNPO法人レインボープラン市民農場の避難者交流推進事業として第2回目となる純米吟醸「甦る」の試飲会を開催することが出来ました。

1044850_1471798229627227_214873353_

昨年以上に多くの方々に田植えや稲刈りにご参加いただいたおかげで酒米の収量が倍になったうえに味にも磨きがかかった「甦る」。当日お集りいただいた方々と升に注がれた「甦る」を味わいながら、この2年心安らかに過ごせたことを改めて実感した次第です。

長井では上記した私の不安は杞憂でした。

私が友人家族と共に避難生活を過ごした宴会場で180°異なる感情を味わうとは…。戸惑いもありますがそれは涙がでるほど嬉しい戸惑いです。

3月11日発売の純米吟醸「甦る」はもう避難者だけのお酒ではありません。

日本再生への思いとともにご賞味いただけたならこれ以上嬉しいことはありません。

長井の皆様、今後ともどうか宜しくお願いいたします。

2014年1月12日 (日)

全国社会福祉協議会の「ボランティア情報」1月1日号の表紙

1509165_563723900376811_1141653223_


全国社会福祉協議会の「ボランティア情報」1月1日号の表紙にて当農場の「福幸ファーム」の活動が紹介されています。

多くの方々の協力があったからこその活動です。

これまで協力してくださったみなさん、ありがとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

機会がありましたら是非てにとってご一読下さい!

※文面を読めるようにとのご要望がありましたので、追記いたします。

 復興のつぼみ 
       山形県・長井市 NPO法人レインボープラン市民農場「福幸ファーム」
                                 村田 孝さん

多い時には300名が避難してきた山形県長井市。循環型社会をめざし生ごみからの堆肥づくりを行うこの地で、その理念にそって安心・安全野菜の生産を行う「NPO法人レインボープラン市民農場」は、2011年6月、早苗饗(さなぶり)という田植え後の祭りに、避難者を招待した。
この出会いがきっかけに、就職、農作業を行うことになったのが、福島県いわき市から避難してきた村田孝さんだ。まずは、酒米作りからはじめた。「最初に振る舞っていただいた日本酒が『甦る(よみがえる)』でしたが、この酒蔵が閉じられようとしていました。それを福島県浪江町から避難して酒蔵を失った方が買い取り、『甦る』の再生と、福島の再生を願って、この酒米を作りたいと申し出ました」。
避難者同士の交流を広げたいとの思いから、今では20品目以上の有機野菜づくりにも励んでいる。こうしたできたのが避難者主体の「福幸ファーム」だ。できあがった野菜はどれも評判が良い。
以前は塾講師を務め、夜の仕事が多かったが、今では昼夜逆転。収入にはまだ不安があるものの、家族、避難者、長井市民とともに、今日も汗を流す村田さんであった。


2013年12月 2日 (月)

ほかでは聞けない放射能のはなし/いわき放射能市民測定室「tarachine」代表・織田好孝講演会終了!

1401206_546666692095050_209920284_3

フェイスブック等でお伝えしていました通り、去る11月23日(土)山形県置賜総合支庁避難者交流推進事業 ・ レインボープラン“絆”循環プロジェクトの交流イベントとして企画された「ほかでは聞けない放射能のはなし/NPO法人いわき放射能市民測定室「tarachine」http://www.iwakisokuteishitu.com/代表・織田好孝講演会」が長井市生涯学習プラザ2階大研修室で行われました。

※tarachineの活動についてはこちらの動画をご覧下さい
http://www.youtube.com/watch?v=CjFLAI8d--Y

山形では今月11日に、平年に比べて7日早く、昨年より10日早い初雪を観測し地元では畑の解体作業や雪囲いなどで気がもめる中、当初予定されていた人数を上回る方々(57名!)にお集りいただき会場はほぼ満杯状態の中での開会となりました。

震災の記憶が風化することが懸念され、さらには主催者側の広報不足も否めない状況でこれだけ多くの参加者を得た事は、原発事故における放射能問題への不安が福島県民のみならずここ山形県内でも静かに広がっていることを感じさせました。

主催者挨拶、講師紹介を経て、まず資料映像として昨年放送されたNHK・ETV特集から「チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 第2回ウクライナは訴える」を見ていただきました。
http://www.at-douga.com/?p=5927

Photo_2映像の中で紹介されるウクライナ北部の町「コロステン」が移住勧告地域(1〜5mSv)と放射線管理地域(0.5〜1mSv)が混在する場所であることから、放送後この番組は長井に避難した方々の間で、福島県内にも似たような場所が数多く存在するとして話題になっていたものです。

福島県への帰還が進む中で、それでもなお避難し続ける人たちが何故いるのかを受け入れ先である山形の方々にも是非考えてもらいたいという思いでこの映像を選びました。

Photo_3コロステンの子供達たちの生々しい証言に衝撃を受けた方が多かったようで、終了後のアンケートでも
・とにかく福島をウクライナにしないこと…。
・国はチェルノブイリの経験なぜ活かさないのか?
・このような講演を県内各地で行って欲しい。
などのコメントが寄せられました。

上映後は織田好孝先生の講演です。被災地としてのいわき市の状況や先生が「いわき放射能市民測定室tarachine」の代表になった経緯、tarachineの活動報告などを説明いただいた後、その活動で得られたデーターに基づいて普段ではあまり聞けない貴重なお話をしていただきました。

例えば…

・福島県以外にも汚染地帯があるものの、福島県ほど注意が払われないためにそこを産地とした放射性 物質を含む食材がすでにスーパーなどに流通してしまっていること。

・各地に設置されたモニタリングポストの中には放射線量が低めに表示されるよう設定されているもの がある。

・外にいても家の中にいてもあまり線量は変わらない。

・福島の甲状腺検査で「これまでに26人でがんが見つかっています」というのは本当は「癌の摘出手 術をしなくてはならない」と認定されたのが59名でうち手術済27名(26悪性+1良性)手術待ち32 名ということ。

などなど他にも私たちが普段当然として受け入れているものの実態を丁寧に教えていただきました。

織田先生、ありがとうござました。

原発事故が現在進行形である以上、現在の福島が抱える問題に共に向き合うことは私たち自身の明日に向き合うことでもあります。そしてそのような中で、昨年から当農場が取り組んできた避難者支援「“絆”循環プロジェクト」の活動を今年一年振り返ってみて感じる事は、避難して来た方々と受け入れ先の住民の方々が昨年以上につながりを深めて活動を共にするようになったということです。

特に震災&原発事故直後は受け入れ側一方からのアプローチだったものが、ここに来て福島側からアクション(浪江焼きそばのおふるまい)や情報提供(今回の放射能情報)などがあり、双方を理解する場面を作れたようで嬉しく思います。

プロジェクトを通じて得られた出会いを絆に変え、東北の復興に寄与出来るよう頑張りますので、みなさん今後ともよろしくお願い致します。

2013年12月 1日 (日)

「甦る」仕込み体験交流会2013in 鈴木酒造店長井蔵

P1020393_r


P1020376_r600去る11月17日日曜日、前日の相馬野馬追太鼓の演奏会の興奮が覚めやらぬ中、今年で2回目の純米吟醸酒「甦る」の仕込み作業が(株)鈴木酒造店長井蔵で行われました。もともと当農場の「“絆”循環プロジェクト」はこの「甦る」作りを発案したことがきっかけに始まったもので、福島からの避難者と受け入れ先の長井市民及び支援者が恊働で酒米として「さわのはな」を栽培することで、それぞれの交流を深めることを目的にしています。

昨年は1年目ということもあり、この作業に対する参加者は主に避難者が中心となって行われましたが、2回目の今年は田植えや稲刈りに避難者以外にも、長井市民、支援団体の方々も含め、約60名以上のご参加をいただき、今回の仕込み作業にも、避難者家族のほか、長井市内の酒販店、福島県内の酒販店の方が参加するなど、この取り組みの広がりを伺い知るものとなりました。(当農場からは理事長、事務局長が参加しました!)

蔵元杜氏の鈴木大介さんから純米吟醸酒「甦る」に込められた私たちの願いを語っていただき、この日の作業を説明してもらうと、早速作業が始まりました。

P1020396昨年行った「仕込み作業」に加え、蒸した酒米のかたまりをほぐし広げる「床もみ作業」や「洗米作業」も加わり、昨年よりもさらに踏み込ん酒造り体験。みな最初は慣れない作業に不安そうな様子でしたが、だんだんと熱がこもってきたようです。

作業終了後は、福幸ファームの里芋で作っていただいた「芋煮」と、さわのはなのおにぎり、食後のスィーツ「安納いも」をみんなで食べて、とても充実したひとときをすごすことができました。

純米吟醸「甦る」は3月11日発売となりますが、2月1日は試飲会を企画しております。発売より一足早く多くの方に味わっていただきたいと思います。楽しみにお待ち下さい!

2013年11月25日 (月)

故郷の響き〜相馬野馬追太鼓〜

P1020352_r600


11月16日夜、東日本大震災復興支援チャリティーイベントと銘打った「相馬野馬追太鼓公演」が、長井市内のタスパークホテルさんが主催し、同ホテルの大ホールで盛大に開催されました。
「相馬野馬追太鼓公演」は、昨年、当農場が山形県置賜総合支庁の避難者交流推進事業の受託事業として、南相馬市のご協力をいただき、被災地の写真展を併催するなどして多くの市民に関心・感動を与えました。

P1020353_2終演後、多くの観客から「ぜひ、来年も」とのお声をいただいていましたが、課題も多く、今年度の継続開催は困難と苦慮していたとき、タスパークホテルさんがチャリティーイベントとして開催して下さるとのことで協賛要請のお話をいただきました。
当農場が設置した「避難者交流農園・福幸ファーム」の農作業リーダーの一人でもある避難者の遠藤浩司さんが、南相馬市出身で「相馬野馬追太鼓演奏会」のリーダーのお一人(正確には副団長)でもあり、今年も長井市の皆様にご恩返しができると頑張っていましたので、喜んで協賛団体となり取り組んできました。


P1020362_r600会場は、お弁当に、芋煮とお蕎麦で飲み放題のサービスもあってか満席。熱演に会場から惜しみない声援が飛び交う演奏会となり大成功でした。

開演前のあいさつに立った遠藤さんは、昨年の公演への御礼と日ごろの避難者支援への謝辞に加え、被災地も避難者も苦闘の日々がつづいているが、時間の経過とともに震災のことや避難者の置かれている状況などへの関心が薄れて、復興支援の空洞化を心配している、引き続きご理解とご支援をお願いしたい。と述べられたのに対し、会場から「がんばれよー」との激励コールが上がっていました。
また、ゲスト出演をされた長井市の民謡歌手井上千春さん(民謡日本一のタイトル保持者)にも大きな拍手を送られていました
なお、終演後、レインボープラン市民農場から太鼓出演者の皆様に花束を贈呈しました。

この「相馬野馬追太鼓」の演奏が私たちの胸を打つのは、故郷の再興に願いをかけ演奏する彼らの姿が、誰もが持つ郷土愛や郷愁に訴えかけるからだと思います。その思いがこそが全世界共通の感情であるなら、郷土愛こそがグローバルに活躍する人間が持つべき資質にちがいありません。他国の言葉が操れ、他国に経済活動の場を求めることのみがグローバリストとしての条件ではないはずです。

太鼓の響きは鼓響=故郷の響き。その響きに魂が揺さぶられ、会場に詰めかけた多くの方々の思いが一つになったひとときでした。

相馬野馬追太鼓のみなさん、会場にお集りいただいたみなさん、またこれを企画していただきましたタスパークホテルさん、本当にありがとうございました!


2013年11月13日 (水)

「ほかでは聞けない放射能のはなし」参加者募集 !!

20131003t080519z_630639794_lm2e9a20


このたび当農場が取り組む「“絆”循環プロジェクト」の一環として、福島県の「NPO法人いわき放射能市民測定室Tarachine」http://www.iwakisokuteishitu.com/代表織田好孝氏を招き、被災地での放射能測定の現場から見えてくる放射能被害の現状を講演していただくこととなりました。

巷では聞けない話を詳細なデータを基に語って下さいます。

「NPO法人いわき放射能市民測定室Tarachine」の取り組みは「TIME」にとりあげられ、「メメントモリ」「東京漂流」等で知られる写真家で作家の藤原新也氏が支持するなど国内外が注目する活動となっております。

また、低線量被爆の危険性についての映像も上映します。放射能災害の今を知りたい方、震災で避難中の方、避難者支援の方、講演内容に関心のある方、是非ご参加ください。

参加費は無料です。

場 所 :長井市生涯学習プラザ2階大研修室
日 時 :平成25年11月23日(土) 13時〜16時
申込み締め切り:11月20日(水)当日観覧も可能です
申し込み・問い合わせ: 090−1935−1609(遠藤)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー