« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月23日 (木)

広域避難者支援ミーティング in 山形に出席

Flyer_20120823_yamagata

本日13:30より東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)主催による「広域避難者ミーティング in 山形」が山形市保健センター(霞城セントラル3階大会議室)において開催されました。
(詳しい内容は下のURLをご覧下さい。)

http://www.jpn-civil.net/news/2012/08/_in_3.html

当農場からは事務局長のY、「絆」循環プロジェクト・福幸ファームのM、Eが参加し、様々なNPO団体の方々と意見交換を行いました。

テーマ1「学ぶ」のコーナーでは4人の話題提供者から避難者支援についての活動報告やそれをふまえた上での考え方が述べられたり、

「福島原発は全く終わっていない。4号機が倒壊したときの事を考えて、山形県は水面下であっても避難計画を定めるべき。」との緊張感のある発言も聞かれました。

また、今後の避難者支援のスタイルとして「手を差し伸べるだけではなく、避難者が自ら復興活動に取り組めるようなものにシフトする時期」という意見も出され、当農場の“「絆」循環プロジェクト”が先見のある取り組みであることを改めて確認する事が出来ました。

本日の情報交換の中からそれぞれの活動がきめ細かに連携することで、避難者への支援がより充実したものになることを期待します。

ボランティア山形代表理事の井上肇氏の「今回の震災&原発事故は複合災害であり、これまで世界中の誰も経験したことのない支援活動に取り組まなければならない。」との言葉を肝に銘じ、当農場もしっかりと被災者支援に取り組みます。


2012年8月21日 (火)

福幸ファーム、ラジオ福島に出演!

昨日(8/20)13:10に「ふるさとふくしま絆キャラバン!いつもいっしょに」と題してラジオ福島による取材があり、当農場より、長井市、当農場、福幸ファームの活動が生中継で紹介されました。

※内容はこちらのホーム・ページからで聞くことが出来ます。↓

http://www.rfc.co.jp/bangumi/kizuna/

福島県からの避難者支援に取り組む活動を日本各地から紹介する「きずな物語県外編」の一つとして、当農場の「絆循環プロジェクト」に白羽の矢が立ったとのことでした。

子供達を含め、当農場から福島県全域に向けて避難者の方々の元気な声を届けることができました。

オン・エア前の打ち合わせの段階から当農場のプロジェクトを通じて市民&避難者同士の交流が深まったことや、避難者の福島に対するの想いを避難者それぞれの口から語っていただき、とても有意義な時間になりました。

福島から東北、東北から日本へと連なる復興・新生の一助として今後も復興支援の活動に取り組んで参ります。

農作業へのボランティア参加、ご寄付など皆様からのご支援ご協力をお待ちしております。

2012年8月10日 (金)

秋へ向けて

    


福幸ファームはツルムラサキとモロヘイヤが最盛期を迎えていますが、その一方で秋・冬の収穫に向けて新たな作物の播種・定植作業も行っています。

7月末から8月の頭にかけてブロッコリーとキャベツの播種作業を行い、キャベツは1000苗をすでに定植、明日はブロッコリーの定植作業を行います。

猛暑も幾分和らぎさわやかな風が吹いてきました。さわやかな汗を流したいものです。

ということで曲はドン・ヘンリー「ライラ」です。


                ライラ

     他の若い男と同じように、僕にも言いたい事があった

     僕は先にできた、でも、世界が僕の邪魔をしたのさ


     ※オー、ライラ、赤ん坊のように眠り
           
     窓を開け、すがすがしい風を感じる
 
     オー、ライラ、そしてまた赤ん坊のように眠る

           
     僕たちはずいぶん泣いたり、わめいたり、

     げんこつを振り回したりしたね

     そして、居もしない敵を作ったり…


     ※リピート

     ナイフのように鋭く切った様々なできごと…

     人生を美しくした小さな喜び…

     男には、家庭や、子供、妻が必要なのさ

     そう、いつでもそこに居る家庭が必要なのさ

           
     家をあとにして僕が恋しく思うもの

     それは君の唇の味、君の手首についた香水の匂い…


     オー、ライラ、畑は今休ませてある
  
     そこには何の種をまき、何を刈り取ろうか

     オー、ライラ、河は今でも浅い

     でも河床は暗く深い

     オー、ライラ、畑は今休ませてある
  
     そこには何の種をまき、何を刈り取ろうか

     オー、ライラ、この神に捧げる大地は

     我々が所有するためでなく、世話するためにあるんだよ


     トゥーラ、ローラ、ローラ、ライラ 

     トゥーラ、ローラ、ローラ、ライラ

     外が静かな間

     僕の手を取り、一緒に行こう 
                 
           

           


           

2012年8月 1日 (水)

NPO法人うつくしまNPOネットワークのリーダーが避難者支援の調査

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »