« 賛助会員さまに試食用野菜をプレゼント | トップページ | 福幸ファームの田んぼ見学と芋ほり体験・芋煮会 »

2012年7月23日 (月)

福幸ファームの田んぼ見学と芋ほり・芋煮会

385_369969656406678_1014347228_n_3


昨日、山形県置賜総合支庁の受託事業である「避難者交流推進事業」の第二弾、「福幸ファームの田んぼ見学と芋ほり・芋煮会」と欲張った名前のイベントを開きました。

カンカン照りを恐れていましたが、午前中はうす曇り。皆さんで田植えをした、やがて被災者支援酒・「甦る」として生れ変わる緑一面の「さわの花」の稲田を眺めてからジャガイモ畑で芋ほり体験。大きな芋がごろごろと顔をあらわすと「誰かに似ていないかー」というか方もおり、親子で歓声を上げながら約1時間の掘り取り作業。          

早速、野川河川敷きのイベント広場に移動。子供たちも芋の皮むきなどに参加。「長井流のいも煮」は、昔なつかし鯨肉(皮)とナス、インゲン、たまねぎなどとと煮込んだもの。「昔は、牛肉など高嶺の花、庶民はみんな新ジャガが出るとこのいも煮だった。」との説明に懐かしむ方、一方で「脂がきつくてねー」と箸がすすまない方もいましたが、今では牛肉より高価な鯨肉は、貴重な味の再現となりました。方や、「福島流いも煮」は、豚肉ベース、具材はほとんど「トン汁」と同様だが実だくさん。ごぼうの香りが食欲をそそるようでした。

食後は、簡単なゲーム、太陽が夏の姿に変わるころ、「次のイベントには又逢おうね」と散会しました。

事務局としては、次回も避難者は勿論のこと、より多くの市民の皆さまの参加を期待していますので、市報の「催事案内コーナー」をご覧になっていてください。
なお、次回はいわき市内での交流イベントを開催を検討中です。       

— 場所: 福幸ファームの田んぼで

« 賛助会員さまに試食用野菜をプレゼント | トップページ | 福幸ファームの田んぼ見学と芋ほり体験・芋煮会 »

「絆」循環プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福幸ファームの田んぼ見学と芋ほり・芋煮会:

« 賛助会員さまに試食用野菜をプレゼント | トップページ | 福幸ファームの田んぼ見学と芋ほり体験・芋煮会 »