« さくらんぼTVが絆プロジェクトを取材 | トップページ | 未来への播種〜「絆」循環プロジェクト »

2012年5月18日 (金)

レインボー・コネクション

         

長井にはよく虹が出ます。雨上がりは空を見るのが楽しみです。当農場はそんな町にあるのです。
当農場で“虹の関係”(レインボー・コネクション)を築きませんか?

« さくらんぼTVが絆プロジェクトを取材 | トップページ | 未来への播種〜「絆」循環プロジェクト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

長井は「良く虹が立つまちだ」と言われています。
比較するデーターがないから、日本一などとは言えないが四季折々の虹は確かに多く美しい。多分、地勢的に見ると町の東に一級河川の最上川その南の支流に置賜白川42.4K、下流に同じく置賜野川22.65K(上流に長井ダム)が通称・西山を背にコの字型にまちを囲んでいる。適度な雨と陽の光が射すと、3本の河川がコラボレーションにより虹が姿を現します。
 かつて、レインボープランを話するとき、名称の由来から「長井は虹が良く立つまちでもある」と話したこと思い出しました。
 10数年前になるが、レインボープラン推進協議会が主唱・企画し、2年ほど続けて写真、絵画、詩などを対象に「虹のまち展」を開いたことがある。入賞者には白菜や大根、かぼちゃなど贈り、芸術も町おこしに連動できると意気が上がった。
 水のまち100選に選ばれているまちだから虹をテーマの町おこしに再開を期待したいところ。
 そういえば、今日は野川上流の「秘境・三淵」から竜が野川を下ってくる様を神事とした「黒獅子の舞」が勇壮豪快に町中に繰り広げられる。
 観光協会が今年もインターネットでライブ放映するので、「長井市黒獅子まつり」で検索してもらえば観覧できます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レインボー・コネクション:

« さくらんぼTVが絆プロジェクトを取材 | トップページ | 未来への播種〜「絆」循環プロジェクト »