« 長ねぎの播種〜「絆」循環プロジェクト | トップページ | 除草、除草、除草…それは春への助走 »

2012年4月 5日 (木)

“荒ぶる神”一過、曇りのち雨

120405_085601001

日本列島はここ数日春の嵐に見舞われ各地で被害が伝えられていますが、我らが市民農場も例外ではありませんでした。

昨日は一日中風が吹き荒れ、心配事は「ハウスが飛ばされないか…。」ということ。でもそんな心配をよそにやはりビニールが飛ばされていました。でもこれぐらいの被害で済んでまずは良しとせねばなりません。

120405_084801(先日ボランティアのみなさんと播いた別棟のキャベツの苗は無事でした。こんなに元気に芽を出しています。ホッ…。)

そんな訳で、今日の午前中はこのハウスの修繕と側溝の泥上げ作業に必要なパイプの切断作業を行いました。

120405_145601_2午後は紅芯菜の収穫です。
昨年の11月末から始まった紅芯菜の出荷。はじめは「どうやって食べるの?」との声も多かったお野菜ですが、今では当農場の人気商品のひとつになりました。でも残念ながらこのお野菜の出荷はあと数日で終了です。

紅芯菜畑は数日後に耕耘した後トマト畑に変える予定で準備を進めています。今度は市民の皆様の食卓においしいトマトをお届けします。ご期待下さい!!


« 長ねぎの播種〜「絆」循環プロジェクト | トップページ | 除草、除草、除草…それは春への助走 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “荒ぶる神”一過、曇りのち雨:

« 長ねぎの播種〜「絆」循環プロジェクト | トップページ | 除草、除草、除草…それは春への助走 »