« レインボープラン市民農場のブログを開設いたしました。 | トップページ | “荒ぶる神”一過、曇りのち雨 »

2012年4月 2日 (月)

長ねぎの播種〜「絆」循環プロジェクト

4/2(水)PM13:30~15:30 
前回に引き続き、竹田理事長のハウスにてレインボープラン発「絆」循環プロジェクトの2回目の作業。
今日は長ねぎの播種作業を行いました。今回は前回も参加してくれた福島市のSさんご家族(お母さんと娘さん二人)に加えて南相馬市からの避難者であるSさん、同じく南相馬からでEさん父子、さらに富岡町からの小学3年生Kちゃん、そしていわき市から避難のMさん家族(夫婦、義母、娘、息子)の計12名で行いました。

120402_143701_2

まず気になるのは前回種を播いたキャベツとレタス。苗箱を覗くと、確かに小さな芽が顔を出していました。(まずは一安心。)

120402_153001_2

作業は前回同様、竹田理事長から説明を受けるところからスタートです。今回はペーパーポットを苗箱にセッティングし(ペーパーポットを苗箱の中で広げ、針金で両サイドを留める)、出来た升目に土敷き詰めてからの播種。細かいねぎの種を3〜4粒づつ升目ごとに丁寧に落としていくという、集中力と忍耐力が試される作業でしたが、子どもたちを始め皆和やかに取り組む事が出来ました。

ただ気になったのはやはり福島県からの避難者同士だけに、作業中の会話は自然と子どもの甲状腺検査や地元の放射線量の話題になるようで、皆、様々な不安を抱えながらの避難生活であることが伝わってきました。(地元の線量が0.8マイクロシーベルト/hだという南相馬からのSさん。ダメダメ、そこに子どもを連れて帰ってはいけません。)

だからこそこのプロジェクトを通じて顔見知りから知人へ、知人から友人へと少しずつでも“絆”を深めてくれればと思います。

土日なら参加出来る方を含めて、現在11名の方々がこのプロジェクトに名乗りを上げています。(みなさん、ありがとうございます。)

一同顔を合わせて作業が出来る日を楽しみにしながら、少しずつ仲間が増えてくれる事を願っています。

« レインボープラン市民農場のブログを開設いたしました。 | トップページ | “荒ぶる神”一過、曇りのち雨 »

「絆」循環プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長ねぎの播種〜「絆」循環プロジェクト:

« レインボープラン市民農場のブログを開設いたしました。 | トップページ | “荒ぶる神”一過、曇りのち雨 »